頭皮湿疹になるメカニズムは

MENU

頭皮湿疹になるメカニズムは

頭皮に湿疹が出来ていても気にせず放置してしまうと、次第に重症化して薄毛や脱毛になってしまうことがありますから、湿疹が出来たら、今までのヘアケアの方法など見直しておくことが大切です。

 

頭皮に湿疹ができるメカニズムは乾燥が原因の場合と皮脂の過剰分泌が原因の場合の二種類があります。
それではそれぞれの原因について見ていきましょう。

乾燥が原因の場合

頭皮が乾燥してしまうと皮膚の中の水分が保たれなくなるので、次第に頭皮のバリア機能が低下していきます。
バリア機能の低下は紫外線や汗、埃などの外敵に侵入されやすい状態になり、放っておくと炎症や湿疹などを引き起こす原因となります。

 

人によってはアトピー性皮膚炎を発症してしまって重症化する場合もあるので、頭皮の異常を感じたら早めの対処が必要です。

 

頭皮が乾燥する原因は洗浄力の強いシャンプーを使っている、シャンプーの時に熱いお湯を使っている、ドライヤーを長時間同じ所にあてている、エアコンにあたりすぎということが挙げられます。

 

その他にも頭皮の血行が悪いとか、頭皮を健やかに保つビタミンやミネラルが不足していると言った体の中からくる原因が挙げられます。

 

頭皮に潤いを持たせ、頭皮のターンオーバーを正常に保つことが、頭皮を湿疹から守ることに繋がりますから、シャンプーや洗髪方法、そして日常生活など、あらゆる面で頭皮を乾燥から守るようにしてください。

皮脂の過剰分泌

頭皮が過剰に皮脂を分泌させてしまうとマラセチア菌という常在菌が増殖してしまいます。
マラセチア菌が皮脂を分解することによって脂肪酸という物質を発生させるのですが、これが毛穴などに詰まることで、さらに過剰な皮脂を分泌させてしまいます。

 

常在菌はバランスが取れていれば、頭皮を健康的な状態に保ってくれるのですが、一度バランスが崩れると、容赦無く頭皮を攻撃してしまいます。

 

頭皮の過剰分泌を防ぐことでマラセチア菌の増殖を防ぐことが出来ますから、肉食は控えてビタミンやミネラルを多く含む食品を摂取するようにし、抗酸化作用の強い野菜や果物などを意識して食べるようにしてください。

 

男性ホルモンが増えると皮脂の過剰分泌を招き、ひいては男性型脱毛症になってしまうリスクが高まります。
女性の場合は出産や更年期などでホルモンバランスが乱れがちで、相対的に男性ホルモンが優位になることが多いです。
そのような時はストレスを溜めず、リラックスするようにして、女性ホルモンのバランスを整えるようにしてください。

頭皮湿疹になるメカニズムは関連ページ

頭皮湿疹の原因
頭皮湿疹の原因