脂漏性皮膚炎になるメカニズムは

MENU

脂漏性皮膚炎になるメカニズムは

フケの大量発生は脂漏性皮膚炎が原因かもしれません!

毎日シャンプーをきちんとしているのに、なぜだか頭皮がかゆいとか、最近大量にフケが出るという人は、ひょっとしたら脂漏性皮膚炎かもしれません。

 

本来フケは頭皮がターンオーバーして古くなった角質が剥がれ落ちて発生するものなのですが、頭皮環境が悪化してしまうと常在菌であるマラセチア菌が増殖して大量のフケを発生させます。

 

脂漏性皮膚炎は大量のフケとともに、頭皮の炎症やかゆみを伴うことが多く自力での改善は難しいので、皮膚科に早期に相談することが重要です。

マラセチア菌が増殖するメカニズムとは

頭皮に常在菌として存在するマラセチア菌は通常、皮脂を分解して脂肪酸という物質を発生させます。

 

脂肪酸が汗などと混ざることでバター状になり、それが頭皮をカバーするので、頭皮は保護されて、乾燥や紫外線などの外敵の侵入を防ぐことができます。

 

しかしマラセチア菌が増えてしまうと脂肪酸が増えてしまうので、毛穴を塞いでしまいます。
頭皮環境が悪化してしまうので、頭皮はさらに皮脂の過剰分泌を始めます。

 

こうして皮脂の過剰分泌、マラセチア菌の増加、頭皮環境の悪化の負のスパイラルを繰り返してしまい、脂漏性皮膚炎の症状が悪化していくのです。

 

脂漏性皮膚炎の悪化は健康的な髪の毛が育つ頭皮にダメージを与えることになりますから、薄毛や脱毛を招き、人によっては頭皮が臭くなることもあります。

皮脂の過剰分泌を防ぐには

脂漏性皮膚炎を防ぐにはまずマラセチア菌のエサとなる皮脂の過剰分泌を防ぐことが重要です。

 

肉食中心の人や甘いものが大好きな人は、抗酸化作用が高い緑黄色野菜や頭皮環境を健やかに保つために必要なミネラルを多く含む食品を摂るような食生活に変えていきましょう。

 

また男性ホルモンが増加すると皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、ホルモンバランスが乱れないようにストレスを溜めない生活を心がけてください。

 

頭皮の環境も皮脂の分泌に大きく関わっていますから、使っているシャンプーの見直しや、頭皮を乾燥させないような正しいシャンプーの方法を身につけてください。

 

稀に脂漏性皮膚炎だと思って抗真菌薬を使ってみても頭皮のかゆみが治らないという場合があり、それは真菌が原因の炎症ではないということがわかります。

 

脂漏性皮膚炎の自己判断は難しいので、フケが多いとか頭皮がかゆいと思って脂漏性皮膚炎かなと思ったら、早めに皮膚科で相談してみてください。

脂漏性皮膚炎になるメカニズムは関連ページ

脂漏性皮膚炎の原因
脂漏性皮膚炎の原因