脂漏性皮膚炎の原因

MENU

脂漏性皮膚炎の原因

頭皮がかゆいとか、脂っぽいフケが大量に発生するという人は、ひょっとしたら脂漏性皮膚炎かもしれません。
一般的に脂漏性皮膚炎は赤ちゃんや思春期の以降の成人に発生しやすいという傾向があります。

 

成人の場合は慢性化しやすく、放っておくと炎症がひどくなって、皮膚がパラパラと剥がれてきたり、加齢臭のような臭いが発生してくるので、早めの対応が必要です。

 

それでは脂漏性皮膚炎を引き起こす原因を見ていきましょう。

脂漏性皮膚炎の原因はマラセチア菌の増加だった!

頭皮にはマラセチア菌という常在菌が存在しており、マラセチア菌は通常、頭皮の状態や体調が良ければ、何も私たちに悪い影響を及ぼしません。

 

しかし、色々な原因で皮脂の過剰分泌が起こると、マラセチア菌が増殖してしまい、脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまいます。

 

マラセチア菌は皮脂を食べて分解することで脂肪酸を出し、汗などと混ざってバター状になり、それが頭皮を保護します。
マラセチア菌が良い状態で働いてくれさえすれば、頭皮は良い環境を保てるのですが、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、マラセチア菌が分解して発生する脂肪酸の量が増えるので、それが頭皮や毛穴に付着し、頭皮がベタベタした状態になってしまいます。

 

こうして頭皮環境が悪くなることで脂漏性皮膚炎となるわけですが、40代以降であったり、常日頃脂っこいものを食べている人であれば、マラセチア菌が脂肪酸を分解することで、ノネナールという加齢臭の元となる原因物質を発生させてしまうので、頭皮が臭くなってしまうのです。

 

マラセチア菌の増殖を防ぐためには、まず皮脂の過剰分泌を防ぐことが大前提なのですが、私たちの体はちょっとしたことが原因で皮脂を過剰に分泌してしまうので注意が必要です。

皮脂が過剰分泌してしまう原因とは

脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまう皮脂の過剰分泌の原因としてまず挙げられるのが食生活の乱れです。
肉食を中心とした食生活をしていれば、それだけで皮脂を大量に分泌してしまいます。

 

脂っこいものや甘いものも頭皮には悪影響ですから、皮脂の分泌量を正常にして、頭皮のターンオーバーを正常にするために、ビタミンやミネラルを意識して摂取するようにしていきましょう。

 

またホルモンバランスの乱れも過剰な皮脂の分泌を導いてしまいます。
過度なストレスや睡眠不足によって、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になってしまうと、皮脂が分泌されやすくなってしまいます。

 

また女性の場合は出産や更年期障害によって、男性ホルモンが優位になることがあります。
妊娠中は髪の毛に良い影響を与える女性ホルモンが多く分泌されるのですが、出産して2日後くらいから、急に分泌量が減ってしまいます。

 

また更年期障害も女性ホルモンの分泌量が閉経前後に激減してしまいます。
そのため相対的に男性ホルモンが優位になってしまうという特徴があります。

 

ホルモンバランスが崩れると皮脂の過剰分泌だけでなく、様々な不調をきたしてしまい、それがまたストレスになって皮脂に過剰分泌を促進してしまうという悪循環にもなりかねませんから、まずは規則正しい生活や栄養バランスの取れた食生活を意識していきましょう。

脂漏性皮膚炎で大量発生するフケ

脂漏性皮膚炎になると脂性のフケが大量に発生するのが特徴です。
単なるフケだと思って放っておくと、そのフケが毛穴を塞いでしまって、さらに脂漏性皮膚炎が進行してしまいます。

 

脂漏性皮膚炎を防ぐには頭皮を清潔に保つことが重要です。
ただし、洗浄力が強いシャンプーを使って、頭皮を清潔に保とうとすると、頭皮の乾燥を招いてしまって、頭皮環境が悪化し、皮脂の過剰分泌を誘発し、マラセチア菌などのカビ(真菌)の繁殖を導いてしまうので逆効果です。

 

大量のフケを放置してしまうと、脂漏性皮膚炎の悪化だけでなく、健康的な髪の毛が育たなくなってしまうので、結果的に薄毛や脱毛などを招いてしまいます。

 

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌などの真菌が原因です。
こうなると自分の力では治すことはできませんから、単なるフケだからといって放置せず、フケが増えてきたら早めに皮膚科に相談することをおすすめします。

カビ(真菌)以外の理由で脂漏性皮膚炎になるのか?

一般的にマラセチア菌をはじめとするカビ(真菌)が原因で脂漏性皮膚炎が発生することがわかっており、カビ(真菌)が原因ではなくて、他の原因で脂漏性皮膚炎になることはありえないとされています。

 

脂漏性皮膚炎だと思って抗真菌薬を頭皮に塗っていても、一向に炎症やかゆみ、フケなどの症状が改善しなければ、それは脂漏性皮膚炎ではなく、アトピー性皮膚炎など他の病気であることがあります。

 

自己判断せず、まずは皮膚科できちんと症状を確認してもらって、抗真菌薬やステロイド剤、あるいはビタミン剤の処方をしてもらうなどして、正しい方法で頭皮のトラブルに対処するようにしてください。

脂漏性皮膚炎の原因関連ページ

脂漏性皮膚炎になるメカニズムは
脂漏性皮膚炎になるメカニズムは