シャンプー パラベン

MENU

シャンプーや化粧品へのパラベン配合について

パラベンとは、安息香酸エステルのパラ位にヒドロキシルを持つ化合物群の総称です。

 

抗菌作用を持つことが知られておりますが、それほど強力なものではなく、消毒剤や細菌感染症の治療等に用いられることはありません。

 

飲料や食品の防腐剤として利用されるのが一般的です。
また、一部の医薬品や化粧品のほか、シャンプーなどの日用品の防腐剤として使用されることもあります。

 

パラベンの安全性については、防腐剤や保存料として使用されていた歴史は古く、世界中での使用実績もあることから、ある程度は確立されていると言えます。

 

また、配合量や使用可能なパラベン類は規制されており、重篤な副作用や健康被害が多発することは考えにくいとされています。
しかし、一方で近年、パラベンが人によってはアレルギーや皮膚炎を起こす可能性が指摘されています。

 

また、実験室での安全性試験では、細胞毒性や発癌性を示唆する研究者もおり、一部でパラベンフリーのシャンプーや化粧品が製品化されています。

 

本来、防腐剤として、細菌汚染から製品を守り、消費者の安全を確保するために配合されているものですが、アレルギーに関する自己の体質や、その他の毒性に関する知見を考慮して、バランスの良い、適切な製品選択を消費者や生産者が行う必要があると言えます。

特徴別比較ランキング

抜け毛・薄毛向けシャンプーランキング 頭皮に優しいシャンプーランキング サラサラ(きしまない)シャンプーランキング 頭皮の臭い対策向けシャンプーランキング 白髪対策向けシャンプーランキング 女性用育毛剤ランキング