抜け毛・薄毛のメカニズム

MENU

抜け毛・薄毛のメカニズム

抜け毛や薄毛になってしまう大元の原因は女性の場合、頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れが原因であるケースが多いです。
頭皮が乾燥してしまったり、反対に脂性になったりしてしまうことで、或いは男性ホルモンが優位になることで、抜け毛や薄毛になってしまうのです。

 

頭皮が乾燥してしまっておこる抜け毛と薄毛とは

1日に数回シャンプーをしていると、頭皮に必要な油分を失ってしまうので、外的からのダメージを受けやすくなり、抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

 

さらに洗浄力が強く、刺激の強い高級アルコール系シャンプーを使用している場合も、頭皮の乾燥を招くので、抜け毛や薄毛になってしまいます。

 

頭皮が正常な状態であってこそ、元気な髪の毛が育ちます。
また頭皮の血行が良いことも、髪の毛に栄養が届く条件となるので、血流の良さも抜け毛や薄毛対策に欠かせません。

 

まずは頭皮環境が潤いで満たされ、十分な油分で頭皮を守ってくれる環境を整えることが大切です。

 

頭皮が脂性になってしまっておこる抜け毛と薄毛とは

反対に頭皮が脂性になってしまうと、マラセチア菌という常在菌が異常に増殖したり、あるいはフケが大量発生したりするので、抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

 

マラセチア菌は常在菌で、誰の頭皮にも存在していますが、ストレスや生活習慣の乱れによって、男性ホルモンであるテストステロンが優位になってしまうと、過剰な皮脂を分泌してしまいます。

 

マラセチア菌はこの皮脂が大好きな細菌なので、過剰な皮脂が分泌されるとそれを分解して脂肪酸という物質を生成します。
この脂肪酸が頭皮に付着したり、毛穴を塞いでしまうことで、抜け毛や薄毛になってしまいます。

 

一方、フケに関しても、マラセチア菌と同じ様に誰の頭皮にも存在していて、普段は別に悪影響を及ぼさないのですが、過度なストレスやホルモンバランスの崩れによって大量のフケが発生すると、それが毛穴を塞いでしまうので、健康的な髪の毛が育たなくなりますし、頭皮が炎症を起こしてしまいますから、結局抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

 

女性に多いFAGAとは

女性の抜け毛や薄毛の症状としてFAGA(女性男性型脱毛症)も増えてきています。

 

これは男性ホルモンが優位になってしまうことで発症し、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる体内酵素の働きによって強力な脱毛力を持つDHT(ジヒドロテストロン)に進化してしまうことで起こる脱毛症です。

 

抜け毛や薄毛の原因は色々あり、人それぞれですから、早めに皮膚科に相談してみましょう。

 

抜け毛・薄毛のメカニズム関連ページ

女性の抜け毛・薄毛の原因
女性の抜け毛・薄毛の原因
抜け毛・薄毛の改善方法
抜け毛・薄毛の改善方法
抜け毛・薄毛におすすめのシャンプーは?
抜け毛・薄毛におすすめのシャンプーは?