女性の抜け毛・薄毛の原因

MENU

女性の抜け毛・薄毛の原因

女性特有の抜け毛・薄毛の原因とは

男性ホルモンが関係している男性の薄毛(AGA)に比べると、女性の抜け毛や薄毛は色々な原因が絡み合っていることが多いので、抜け毛や薄毛を感じたら早めの対処が必要です。

 

女性の抜け毛や薄毛の原因として挙げられるのは誤った頭皮ケアやカラーリング、パーマ、ストレス、極端なダイエットの他に、女性特有の原因として、出産や更年期障害によるホルモンバランスの乱れなどが原因に挙げられます。

 

それでは女性に起こりやすい脱毛症とその原因についてご紹介します。

 

FAGA(女性男性型脱毛症)

薄毛に悩む女性の約半数がFAGAと言われており、これは男性の薄毛や抜け毛として有名なAGA(男性型脱毛症)の女性版です。

 

AGAの原因には男性ホルモンが大きく関与しているのですが、何も男性ホルモンが多いから薄毛や抜け毛になるというわけではありません。

 

男性ホルモン(テストステロン)を酵素である5aリダクターゼが、より強力な脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストロン)に変化させることによって、薄毛や抜け毛がさらにひどくなってしまうのです。

 

5αリダクターゼは1型と2型があり、1型は主に皮脂腺にあり身体中に存在するのですが、2型は毛乳頭内にあり、前立腺や頭頂部、生え際などに多く存在しています。

 

AGAの治療はこの2型5αリダクターゼを抑制することで、薄毛や抜け毛の進行をストップさせることができます

 

FAGAが発症するのは女性が出産や更年期障害でホルモンバランスが崩れることによって、男性ホルモンが相対的に優位になってしまうことで、男性のようなAGAが発症してしまうのです。

 

分娩後脱毛症

妊娠すると女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、妊娠を持続するために出産まで、どんどん分泌されていきます。

 

このエストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体にしたり、髪の毛を生成したりする働きがあるのですが、出産して2日目くらいから急激に分泌量が減少してしまいます

 

そのため出産して半年から1年くらいまでは髪の毛の生成が活発に行われなくなるので、大量の抜け毛や薄毛が起こってしまいます。

 

この症状を分娩後脱毛症といい、個人差はありますが、大抵の女性は1年くらいで女性ホルモンのバランスが元に戻って安定するので、抜け毛や薄毛が解消していきます。

 

円形脱毛症

頭部に500円玉くらいの、ごっそりと髪の毛が抜け落ちた状態ができてしまう脱毛症のことを円形脱毛症といい、大人だけでなく、最近では子供でも発症しやすいのが特徴です。

 

円形脱毛症には、小さな円形脱毛症が1カ所にできる単発性脱毛症、脱毛箇所が2箇所以上あり、何度も繰り返して脱毛症がおこってしまう多発性脱毛症、そして単発性脱毛症と多発性脱毛症がさらに進んで、頭部全体の髪の毛が抜け落ちてしまう状態の全頭性脱毛症の三種類があります。

 

全頭性脱毛症まで症状が進行してしまう前に早めに皮膚科に相談することが重要です。

 

円形脱毛症の原因の一つに自己免疫疾患が挙げられます。

 

本来私たちの体はウィルスや細菌などの外敵から身を守るようにリンパ球が異物を攻撃してくれるのですが、何らかの原因によって、成長期の毛根をリンパ球が攻撃してしまうことで、抜け毛や薄毛になり、そして円形脱毛症を引き起こしてしまいます。

 

また円形脱毛症は甲状腺疾患や関節リウマチ、尋常性白斑など、自己免疫疾患と併発する可能性が高いということが判明しています。
この場合は微熱や疲れやすいなどの症状が出ることが多いので、早めに医師に相談した方が良いでしょう。

 

さらに円形脱毛症を患っている人の約40%がアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患があるというデータがありますので、アレルギー体質ということも円形脱毛症を引き起こす原因の一つと考えられています。

 

さらに、一般的に「円形脱毛症の原因=ストレス」と思っている人は多いでしょう。
ストレスが円形脱毛症を引き起こす因子であることはわかっていますが、明確なメカニズムは未だに判明していません

 

一般的には、過度なストレスを受けることで、交感神経が優位になって血行が悪くなり、頭皮に必要な栄養素が行き渡らなくなることから、髪の毛が育たなくなって円形脱毛症になるのではないかと言われています。

 

その他にも遺伝的要素や、女性の場合は出産や更年期障害によるホルモンバランスの乱れによって、円形脱毛症が起こることもありますので、円形脱毛症を発症する原因は一つではなく、複数の原因が絡み合っていることが多いのが特徴です。

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性脱毛症は常在菌であるマラセチア菌が増殖して、頭皮環境が悪化し脱毛してしまう症状です。

 

通常マラセチア菌は誰の頭皮にも存在し、攻撃的な菌ではないのですが、ホルモンバランスが崩れたり、過度なストレスがかかったりして、皮脂が過剰分泌されてしまうことで、それを餌にするマラセチア菌が増殖してしまうことで発症します。

 

マラセチア菌が皮脂を食べて分解した後にできる脂肪酸が、毛穴を詰まらせることで、健康的な髪の毛が育たなくなり、薄毛や抜け毛、そしてそれが進行すると脱毛症となります。

 

過剰な皮脂の分泌を食い止めることが鍵なのですが、女性の場合は出産や更年期障害、閉経などで女性ホルモンの分泌量が少なくなり、その反動で相対的に男性ホルモンが優位になります。

 

また過度なストレスがかかることも、それに体が抵抗しようとして、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
男性ホルモンが優位になると、過剰に皮脂が分泌されてしまうことに繋がり、結果的にマラセチア菌が増殖しやすい環境となってしまうのです。

 

過剰な皮脂分泌を食い止めるには、まずはストレス解消をして男性ホルモンが活発になるのを抑制する必要があります。
また頭皮環境を正常にするビタミンB群や食物繊維、亜鉛などを努めて摂取することが大切です。

 

牽引性脱毛症

女性の抜け毛や薄毛の原因として盲点なものが日常的な髪の毛の扱い方です。

 

おしゃれのために行っているポニーテールやエクステンション、お団子、三つ編み、編み込み、ヘアアイロン、分け目がいつも同じという行為は、髪の毛を常に引っ張っている状態ですから、頭皮や毛根にダメージを与えてしまうので、牽引性脱毛症を引き起こすのです。

 

出来るだけ髪の毛は引っ張らないようにして、エクステンションやコテなどは使わないようにすることが大切です。

 

早期の場合は自然に回復していきますが、牽引性脱毛症の症状が進んでしまうと、皮膚科に相談しても回復に時間がかかるので、おしゃれな女性は要注意です。

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

粃糠性脱毛症は頭皮で常在菌が異常に増殖してしまうことにより発症する脱毛症なので、脂漏性脱毛症と混同しがちなのですが、脂漏性脱毛症が皮脂の過剰分泌によって引き起こされる脱毛症であることに対し、粃糠性脱毛症は常在菌の異常増殖によって大量のフケが発生し、それが毛穴や頭皮を覆ってしまうことで頭皮が炎症を起こし、脱毛してしまうことが特徴です。

 

常在菌が異常に増殖してしまう原因は、明確にはわかっていませんが、ホルモンバランスの乱れやシャンプーのしすぎによる頭皮環境の悪化、そして栄養バランスが悪いことなどが原因として挙げられます。

 

まずは生活習慣を見直すことが粃糠性脱毛症を改善する近道になるので、出来るところから改善して行きましょう!

女性の抜け毛・薄毛の原因関連ページ

抜け毛・薄毛のメカニズム
抜け毛・薄毛のメカニズム
抜け毛・薄毛の改善方法
抜け毛・薄毛の改善方法
抜け毛・薄毛におすすめのシャンプーは?
抜け毛・薄毛におすすめのシャンプーは?