頭皮がクサイのはなぜ?そのメカニズムは

MENU

頭皮がクサイのはなぜ?そのメカニズムは

頭皮が臭うメカニズムとは

若い頃は気にならなかったのに、40歳を過ぎてからというもの、どうも自分の頭の臭いが気になるという人は、ひょっとしたら皮脂の分泌量が増加しているのかもしれません。

 

皮脂の分泌は若い頃でも当然起こりますから、皮脂の過剰分泌と頭皮の臭いは因果関係がないと思いがちですが、実は大いに関係があります。

 

私たちの体の中には抗酸化物質があり、若い頃には大量に体内に存在しているのですが、年齢を重ねてくると次第に減って行きます。
すると体の中が酸化しやすい状態になるので、体が錆びる、つまり老化が進んでしまいます。

 

体の酸化が進むと、皮脂の中にヘキサデセン酸という物質を多く含むようになるのですが、ヘキサデセン酸は脂肪酸の一種で、常在菌がこのヘキサデセン酸を分解することで、ノネナールという物質を発生させます。

 

ノネナールとは加齢臭の原因物質ですから、40歳を過ぎて体が酸化した状態になってしまうと、過剰に皮脂を分泌してしまうごとに加齢臭が発生しやすくなってしまうのです。

 

このメカニズムは頭皮でも同じで、頭皮には常在菌としてマラセチア菌やブドウ球菌などの常在菌が存在しているですが、体内のバランスが崩れると常在菌の増殖が始まります。

 

一方過剰な皮脂も分泌されると、皮脂の中にヘキサデセン酸が含まれていれば、それを常在菌が食べて分解することで、ノネナールが発生し、頭皮が臭ってしまうのです。

頭皮が過剰に皮脂を分泌してしまう理由

頭皮には皮脂線が沢山あるので、常に皮脂が多く分泌されています。

 

通常、皮脂は頭皮には無くてはならない存在で、皮脂があることで頭皮がカバーされ、一定の水分や油分を蓄える事ができ、頭皮が健全なターンオーバーを行う事ができます。

 

しかし過度なストレスに晒されたり、脂っこいものや甘いものを食べ過ぎてしまう生活が続いたり、質の良い睡眠が取れなかったりすれば、過剰な皮脂の分泌に繋がってしまいます。

 

また体が栄養不足になったり、運動不足になったりすることで、頭皮の血行が悪化し、さらに栄養が行き渡らなくなると、頭皮のターンオーバーが早くなって未熟な皮膚が早いスピードで剥がれ落ちてしまうので、頭皮が乾燥しがちになるので、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

頭皮が臭う原因は皮脂の過剰分泌が多大に関係しているので、まずは生活習慣を見直して、皮脂の過剰な分泌を抑える事が大切です。
悪い循環を断ち切るために、まずは頭皮が健全なターンオーバーになって、常在菌のバランスも整っている、良い頭皮環境を整えましょう。

 

そのためにはまずはシャンプーを変えてみるとよいと思います。

 

頭皮がクサイのはなぜ?そのメカニズムは関連ページ

頭皮が臭くなる原因は
頭皮が臭くなる原因は
頭皮の臭いを改善方法
頭皮の臭いを改善方法
頭皮の臭いにおすすめのシャンプーは?
頭皮の臭いにおすすめのシャンプーは?