頭皮の乾燥の改善方法

MENU

頭皮の乾燥の改善方法

頭皮が乾燥してしまうと、炎症やかゆみ、薄毛や脱毛などあらゆるトラブルを引き起こしてしまいます。
頭皮が乾燥してしまうと、頭皮のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうので、紫外線などによるダメージを直接受けてしまったり、マラセチア菌やブドウ球菌などの常在菌のバランスが崩れてしまったりするので、頭皮環境が悪化して健康的な髪の毛が育たなくなってしまうからです。
いつまでも美しい髪を維持するために、頭皮の乾燥を防ぐ方法をご紹介します。

シャンプーの刺激が強くないですか?

毎日シャンプーしているのに、なんだか頭皮がかゆいという人は、ひょっとしたら白いパラパラとしたフケが出ているのではないでしょうか?白いパラパラとしたフケが出ていると、それは頭皮が乾燥している証拠です。

 

1日に何回もシャンプーをしていたり、あるいは洗浄力の強いシャンプーを使っていたりすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので頭皮が乾燥してしまいます。

 

現在使っているシャンプーがもし高級アルコール系シャンプーだったり、シリコンタイプのシャンプーであれば、洗浄力が強いのですが、その分頭皮に与えるダメージが強いので、使用をすぐに中止してください。

 

そして頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーやノンシリコンのシャンプーに切り替えて、必要な皮脂を保持し、頭皮環境を整えるようにしてください。

シャンプーで頭皮を痛めていないですか?

毎日力を入れて頭皮をシャンプーしていると、それも頭皮に大変なダメージを与えてしまいます。
指の腹を使って、思いっきり泡だてたシャンプーを使って、毛穴をふわふわと洗うようにしてください。
頭皮に摩擦を加えることで、頭皮が傷ついて弱ってしまうので、頭皮環境が悪化してしまうのです。

 

またお湯ですすぐ時には洗い残しがないように、一つの部位で5分くらいかけてシャンプーを洗い流すようにしましょう。

 

いくら刺激が少ないシャンプーでも、洗い残って頭皮や毛穴に付着したままでいると、洗浄力があるものですから、頭皮を炎症させてしまいます。
それから頭皮の乾燥を防止するために、お湯の温度も38度くらいのぬるめのお湯を使うように注意してください。

ドライヤーできちんと乾かしてますか?

シャンプー後はまずはタオルを使って手早く乾かすようにして、その後はドライヤーを使って完璧に乾かすようにしてください。
髪の毛が濡れたままでいると、髪の毛に負担がかかりますし、頭皮の常在菌が繁殖する原因となってしまいます

 

常在菌が繁殖してしまうと、頭皮のターンオーバーが早まって、乾燥がひどくなるので、その分、頭皮が乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌するようになります。

 

ドライヤーは同じところに熱風を与えると頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいますから、色々なところに風を当てるようにして、全体を乾かすようにしましょう。

 

髪が乾いた後に全体的に冷風を当てるとキューティクルの保護になりますし、頭皮のクールダウンになるのでおすすめです。

頭皮に栄養が行き渡っていますか?

当然のことですが、頭皮もきちんと栄養が行き渡らなければ、頭皮は元気を無くしてしまいます。

 

ビタミンB群やビタミンC、亜鉛などのミネラル等、頭皮や髪を元気に育てるために必要な栄養素を意識して摂取するようにしていきましょう。

 

脂っこいものや甘いものは皮脂の過剰分泌を促してしまい、頭皮環境が悪化するのでおすすめできません。
髪の毛に必要な栄養素の補給として、緑黄色野菜や果物、牡蠣などの魚介類などの食品がおすすめです。

 

またストレスをためてしまうと、血管が収縮してしまうので、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

薄毛や脱毛の原因はストレスが大きく関わっていると言われますが、ストレスは血行を悪くするだけでなく、男性ホルモンが優位になってしまい、健康的な髪の毛が育たなくなってしまいます。

 

いずれにせよストレスを溜めて良いことはありませんから、半身浴や音楽鑑賞など自分なりのストレス解消法を見つけて、血行を良くし、頭皮に栄養が行き渡るようにしていきましょう。

 

血行を良くする方法として、適度な運動も挙げられます。
体を動かすことでストレス解消にも繋がりますから、新鮮な空気を吸いつつ、気持ちよく思うような適度な運動を心がけてください。

頭皮専用の美容液を使ってみる

最近では頭皮環境を良くする効果のある頭皮専用の美容液が注目を集めています。

 

頭皮専用の美容液にはヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が含まれているものがあり、これらを毎日頭皮に直接塗布することで、乾燥を効果的に防ぐことができます。

 

頭皮が潤いを取り戻せば、炎症やかゆみなどの頭皮トラブルを防ぐことができますし、健康的な髪の毛が育つようになってきます。

 

ただし合成香料や鉱物油など、頭皮に刺激が強いものが入っているものは避け、植物エキスやミネラルなどを多く含んでいる、頭皮に優しい頭皮専用美容液を使用するようにしてください。

 

頭皮の乾燥の改善方法関連ページ

頭皮が乾燥するメカニズム
頭皮が乾燥するメカニズム
頭皮の乾燥の原因
頭皮の乾燥の原因
頭皮の乾燥におすすめのシャンプーは?
頭皮の乾燥におすすめのシャンプーは?