頭皮が乾燥するメカニズム

MENU

頭皮が乾燥するメカニズム

頭皮が乾燥してしまうと大量のフケが発生したり、頭皮が炎症を起こしたりして、ひどい場合は薄毛や抜け毛、脱毛などを引き起こします。
頭皮は私たちの顔や手足のお肌と同じで、外的な要因によって、すぐに乾燥してしまいます。
それでは頭皮が乾燥してしまうメカニズムをご紹介します。

 

頭皮を乾燥させてしまう原因とは

毎日頭皮環境を整えるために、念入りにシャンプーをしていると思いますが、シャンプーのしすぎも頭皮を乾燥させてしまう原因となります。

 

また高級アルコール系シャンプーを使っていると、洗浄力が強すぎるために、本来必要な油分まで洗い流してしまうので、頭皮が乾燥してしまいます。

 

頭皮上の油分が減少してしまうと、頭皮を保護することができなくなりますから、頭皮から必要な油分や水分が無くなってしまい、頭皮のバリア機能が低下してしまいます。

 

そうなると、汗や汚れ、紫外線、アレルギー物質の攻撃から頭皮を守ることができなくなるので、さらに頭皮環境が悪化して、頭皮のターンオーバーが加速してしまいます。

 

ターンオーバーが早まると、未熟な細胞のまま頭皮が剥がれてしまうので、さらにバリア機能が落ち、外的の攻撃を受けやすくなります。
その結果、頭皮の乾燥が進んでしまうという悪循環が始まってしまうのです。

 

参考ページ
頭皮の乾燥の原因

過剰な皮脂分泌も頭皮の乾燥の原因となる

一方、頭皮は、失われた油分を取り戻すために、過剰に皮脂を分泌してしまいます。

 

一見皮脂を多く分泌すれば、頭皮の乾燥は改善されるように思われますが、過剰な皮脂の分泌は常在菌であるマラセチア菌の増殖に繋がってしまいます。

 

マラセチア菌は常在菌で、誰の頭皮にも存在しており、頭皮の環境がよければ何も問題はないのですが、皮脂が過剰に分泌されるようになると、その皮脂を食べて分解し、脂肪酸という物質を作り出します。

 

この脂肪酸が頭皮に付着したり、毛穴を塞いだりすることで、さらに頭皮環境が悪化し、頭皮のターンオーバーが加速し、頭皮の乾燥が進んでしまうのです。

 

生活習慣の乱れも頭皮が乾燥する

頭皮環境を健やかな状態にするにはビタミンB群やビタミンC、亜鉛等の摂取が大変重要なのですが、偏った食生活をしていると頭皮が栄養不足になってしまいます。

 

また、栄養はきちんと摂取していても、運動不足だと頭皮の血行が悪くなって、頭皮や髪の毛を健全な状態に保つのに必要な栄養素が行き渡らなくなるので、頭皮は乾燥してしまいます。

 

頭皮の乾燥を防ぐには、栄養バランスのとれた食事をして、適度な運動を心がけて、健康的な毎日を過ごすことが重要です。

頭皮が乾燥するメカニズム関連ページ

頭皮の乾燥の原因
頭皮の乾燥の原因
頭皮の乾燥の改善方法
頭皮の乾燥の改善方法
頭皮の乾燥におすすめのシャンプーは?
頭皮の乾燥におすすめのシャンプーは?