頭皮のフケが発生するメカニズム

MENU

頭皮のフケが発生するメカニズム

フケが出る原因は病気なの?

 

肩にうっすらフケが落ちていると、何だか不潔なイメージに思われてしまうのではないかと女性なら不安になるものです。
フケは、頭皮のターンオーバーに合わせて、古くなった頭皮が剥がれ落ちたからであって、誰でも起こる症状ですから心配することはありません。

 

しかしフケの量が大量であったり、頭皮にかゆみや炎症が起こっている場合は、頭皮ケアに注意が必要でしょう。
頭皮のフケが発生するメカニズムは乾燥が原因である場合と、過剰に分泌した皮脂が原因であることが多いのです。

 

参考ページ
頭皮のかゆみ
頭皮の乾燥

乾燥が原因のフケの原因

 

頭皮が乾燥してしまう原因はシャンプーのしすぎや洗浄力の強いシャンプーを使用していることが多いです。

 

その他にもシャンプーを洗い流す時のお湯の温度が高すぎたり、紫外線にあたりすぎてしまうことも、必要な皮脂を失って頭皮が乾燥し、フケが出る原因となってしまうのです。

 

乾燥が原因のフケは白くてパラパラと落ちるタイプで、寒い時期になると、余計に頭皮が乾燥してしまって、この白いフケが発生しやすくなります。
頭皮の乾燥を防ぐにはまずシャンプーを見直すことから始めましょう。

 

頭皮に優しい弱酸性のシャンプーを使ったり、天然由来の素材で生産されているシャンプーを使ったりして、頭皮にできるだけ刺激を与えないようにすることが得策です。

 

その他にも紫外線防止のために帽子をかぶったり、パーマやカラーリングは頭皮にダメージを与えるので極力避けるということも重要です。

 

過剰分泌した皮脂が原因のフケ

 

皮脂が過剰に分泌してしまう原因は食生活の乱れやストレスの場合が多いです。

 

ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと、常在菌であるマラセチア菌が増殖して脂漏性皮膚炎を発症し、頭皮に大量のフケやかゆみを生じさせてしまうのです。

 

皮脂の分泌を抑えるためにはまず食生活を見直してみることが大切です。
脂っこいものや糖分の多い食事を避け、野菜や果物など、栄養バランスの良い食生活にして体の中からケアしていく必要があります。

 

またストレスもホルモンバランスを崩す原因となりますから、質の良い睡眠を取ったり、ストレス解消に心がけて、体の中から良い状態にするようにしてください。

 

皮膚科に相談すれば、マラセチア菌の増殖を抑えるために、ステロイド剤を処方されることが多く、ステロイド剤を使えば炎症を抑えることが出来ます。

 

薬ではなく、抗炎症作用が期待できるグリチルリチン酸が配合されているシャンプーなども良いのではないでしょうか。

 

しかし根本的な解決には至らないので、生活習慣の改善を心がけ、ホルモンバランスを正常にして、マラセチア菌が常在菌として悪さを起こさない頭皮環境を作るよう心がけましょう。

 

頭皮のフケが発生するメカニズム関連ページ

乾燥によるフケ(乾性フケ)
乾燥によるフケ(乾性フケ)
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
フケの原因まとめ
フケの原因まとめ
頭皮のフケ改善方法
頭皮のフケ改善方法
フケ改善におすすめのシャンプーは?
フケ改善におすすめのシャンプーは?