乾燥によるフケ(乾性フケ)

MENU

乾燥によるフケ(乾性フケ)

誰もが起こりうる乾性フケとは

 

フケがパラパラと落ちてしまう乾性フケは本当に困ってしまうものです。
フケは頭皮がターンオーバーする際に剥がれ落ちる皮膚のかけらですから、本来は気にする必要はありません。

 

しかし頭皮の乾燥がひどくなってしまうと、頭皮のバリア機能が損なわれて頭皮が剥がれ落ちやすくなり、白い乾性フケが出やすくなってしまうので、乾性フケが大量に発生したら注意が必要です。

 

頭皮が乾燥する原因は

 

頭皮が乾燥してしまう原因の一つは洗いすぎです。
頻繁にシャンプーをしてしまうせいで、頭皮が乾燥してしまいます。

 

さらに洗浄力が強いシャンプーを使っていたり、爪を頭皮に立てて、ゴシゴシ洗っていたりしても、頭皮が乾燥してしまう原因となります。

 

さらにパーマやカラーリングのしすぎも頭皮にダメージを与えます。
紫外線や加齢も頭皮の乾燥の原因となります。

 

乾燥フケの改善方法

 

乾燥フケを少なくするには頭皮の環境を整えることが大切です。

 

もし洗浄力が強いシャンプーを使っているのであれば、アミノ酸系シャンプーに変えてみることをおすすめします。
アミノ酸系シャンプーであれば低刺激なので頭皮に与えるダメージが少なくなります。

 

さらにノンシリコンタイプを選べば、さらに刺激が少ないのでおすすめです。
シリコンがシャンプーに入っているのは髪のツヤが良くなるからなので、頭皮環境を良い状態にするのであればシリコンは入っていなくても良いですし、そもそも頭皮環境を整えることの方が健康的な髪が生育してくれますから、シリコンタイプを選ぶ必要がありません。

 

シャンプーのやり方・洗い方

 

それからシャンプーをするときは38度前後のお湯を使い、シャンプーはきちんと手のひらで泡立ててから使用するようにしましょう。
その後シャンプーの流し残しがないように5分くらいかけてしっかりすすぐようにしてください。

 

髪の毛の洗い方は決してゴシゴシせず、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするように洗ってください。
頭皮をマッサージすることで頭皮の血行が良くなり、頭皮の環境が改善され、フケを抑えるだけでなく、元気な髪が生えてくるようになります。

 

どれも小さなことですが、洗い方を意識するだけで、かなり乾燥を抑えることができるのでおすすめです。

 

最後に頭皮の乾燥を防ぐためにオイルを使ってみることをおすすめします。
100%天然由来のホホバオイルや椿油を使って、シャンプー前に頭皮マッサージしてみてください。
3-5分かけてオイルマッサージをすることで乾燥防止になるので大変おすすめです。

 

精油や保湿成分がしっかり配合されているシャンプーを使うのも一つです。

 

乾燥によるフケ(乾性フケ)関連ページ

頭皮のフケが発生するメカニズム
頭皮のフケが発生するメカニズム
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
フケの原因まとめ
フケの原因まとめ
頭皮のフケ改善方法
頭皮のフケ改善方法
フケ改善におすすめのシャンプーは?
フケ改善におすすめのシャンプーは?