頭皮のフケ改善方法

MENU

頭皮のフケ改善方法

フケが出る原因とは

 

毎日シャンプーをしているのに、何故だかフケが出てしまうと思っているかもしれませんが、頭皮がターンオーバーをしている以上、古くなった角質が剥がれ落ちるので、フケが出ることは何もおかしなことではありません。

 

しかし中にはフケが出るのを気にしてしまって、1日のうち何回もシャンプーをしてしまう人がいますが、シャンプーで頭皮を洗いすぎると、頭皮に本来必要な皮脂まで洗い流してしまうので、余計にフケが出てしまいます。

 

誰でもフケは出るものですが、急に大量のフケが出るようになったとか、かゆみや炎症を伴っている人の場合は、頭皮がダメージを受けている可能性があるので注意が必要です。

 

それではフケが大量に出てしまう原因と改善方法を見ていきましょう。

 

洗浄力が強すぎるシャンプー

 

頭皮の洗いすぎは前述しましたが、毎日1回しかシャンプーをしていなくても、洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていれば、例え1日1回しかシャンプーをしていなかったとしても残しておくべき皮脂まで洗い流している可能性が高いので、シャンプーを替えた方が良いかもしれません。

 

シャンプーには石鹸系と高級アルコール系、そしてアミノ酸系の三種類がありまず。

 

石鹸系シャンプー

石鹸系は洗浄力に優れていて、頭皮を清潔に保つには最適なのですが、洗浄力が強い分、頭皮に与えるダメージが強く、必要な皮脂まで洗い流して、髪がパサつき安くなってしまいます。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系は泡立ちが良いので使いやすいのですが、石鹸よりもさらに洗浄力が高いので、頭皮環境のためには使わない方が無難です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力は他の二種類に比べると劣るのですが、本来必要な皮脂が頭皮に残ることで雑菌の侵入を防いだり、地肌を保護してくれるので、毎日使用しても頭皮に与えるダメージが少なくてすみます。

 

おすすめはアミノ酸系シャンプーです。
脂性の方は石鹸系シャンプーが合っているという方もいるかと思います。

洗い方と乾かし方

 

シャンプーをアミノ酸系に変えたとしても、頭皮に爪を立てて、ゴシゴシ洗っていては、頭皮にダメージを与えてしまうので、フケが大量発生してしまいます。

 

シャンプーはよくあわ立ててから使用し、頭皮を軽くマッサージするように、指の腹で優しく洗うようにしましょう。
お湯は熱すぎると頭皮が乾燥してしまいますから、38度くらいにしてしっかりすすぐようにしてください。
洗い終えた後は清潔なタオルを使って、しっかり水分を取り除き、早めにドライヤーで乾かすようにしてください。

 

髪が濡れた状態で放っておいてしまうと、真菌の一種であるマラセチア菌が増殖してしまうので、脂性のフケが大量発生してしまう原因となります。

 

さらに布団のシーツや枕のカバーも、こまめに洗って清潔に保っておかないと、シーツやカバーに繁殖している雑菌が頭皮に付着してフケの原因となりますから、寝具は清潔に保つようにしておきましょう。

 

紫外線によるダメージ

 

私たちは顔や体は紫外線防止のためにクリームを塗ることが多いですが、意外に頭皮も紫外線に晒されていることを気にしていません。

 

頭皮は太陽に面していることが多いので、一番紫外線によるダメージを受けていて、これにより頭皮が乾燥してしまったり、ターンオーバーが正常に働かなくなってしまったりして、フケが大量に発生してしまいます。

 

それだけでなく、頭皮に当たった紫外線はより深いところまで侵入して細胞を傷つけてしまいます。
そのため老化が進行し、健康的な髪の毛が生えてこなくなりますから、注意しなければなりません。

 

外出する時は帽子をかぶったり、頭皮用の紫外線防止スプレーをする等して、頭皮に紫外線が当たらないようにしましょう。

 

生活習慣を見直そう

 

乾燥が原因のフケも脂性が原因のフケも、頭皮の環境を整えることで改善することが多いです。

 

逆に言うと、いくら皮膚科に相談して薬を処方してもらっても、生活習慣が乱れていると、再発を繰り返してしまうので、治療を受けていても生活習慣を見直すことが大切なのです。

 

栄養バランスが取れた食事をし、質の良い睡眠を心がけるようにして、ストレスを溜めないようにしていくことが、頭皮環境を良くするために重要です。

 

ビタミンB群やビタミンC、亜鉛などを摂取するように心がけて、睡眠は成長ホルモンが分泌される午後10時から翌2時の間は熟睡するようにしてください。

 

ストレスにずっと晒される生活をしていると、男性ホルモンが多く分泌されるようになります。
男性ホルモンが分泌されると必要以上に皮脂が分泌されるようになるので、頭皮環境が悪化してしまいます。

 

女性の場合は出産や更年期によってホルモンバランスが崩れ、髪の育成に必要なエストロゲンが減少してしまいますから、ストレスが溜まったと思ったら、すぐに休むようにしたり、自分の好きなことをしてみたり等、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

 

症状がひどければ皮膚科へ相談

 

フケが大量発生しているだけでなく、かゆみや炎症が強かったり、臭いがきつかったりする場合は、生活習慣の改善だけでは完治できません。
皮膚科に相談してステロイド剤や真菌剤などを処方してもらってください。

 

頭皮のフケ改善方法関連ページ

頭皮のフケが発生するメカニズム
頭皮のフケが発生するメカニズム
乾燥によるフケ(乾性フケ)
乾燥によるフケ(乾性フケ)
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)
フケの原因まとめ
フケの原因まとめ
フケ改善におすすめのシャンプーは?
フケ改善におすすめのシャンプーは?