皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)

MENU

皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)

皮脂の過剰に分泌される原因

フケには白いパラパラとした乾燥性のフケと、白くて少し水気を帯た皮脂性のフケがあります。

 

皮脂性のフケは皮脂が過剰に分泌されることによって起こるフケで、頭皮の常在菌であるマラセチア菌の増殖が原因です。

 

頭皮環境が良い状態であれば、マラセチア菌が悪さを起こすことはないのですが、抵抗力が弱まっていたり、ホルモンバランスが崩れてしまっていたりすると、マラセチア菌が増殖し、頭皮上の油分や汚れなどを分解して脂肪酸を発生させ、これが頭皮に付着してしまうことで頭皮環境が悪化し、大量の脂性フケが発生してしまうのです。

 

脂性のフケは重度になると脂漏性皮膚炎となり、かゆみや炎症も引き起こしてしまうので、早めの対処が必要です。

 

皮脂の過剰に分泌される原因

皮脂が過剰に分泌される原因で多いのがシャンプーのしすぎです。
頭皮を清潔に保ちたいからといって、1日に何回もシャンプーをしてしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまいますからおすすめしません。

 

また合成界面活性剤が配合されている洗浄力が強いシャンプーも本来必要な皮脂まで洗い流してしまうので、余計に皮脂を分泌してしまうので注意が必要です。

 

ワックスやジェルが頭皮に残ってしまうのも毛穴に汚れが詰まってしまう原因となるので過剰な皮脂の分泌を促してしまいます。

 

さらにストレスや睡眠不足、食生活の乱れでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが増加して皮脂が出やすくなるのも、脂性のフケが発生する原因となります。

 

脂性フケの改善方法

脂性フケを改善するには頭皮の環境を整えることが先決です。
1日1回のシャンプーを心がけ、指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗って、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

 

頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーや天然由来のシャンプーを使って、きちんと泡立てて優しく洗うようにして、ワックスやジェルの洗い残しが無いようにしましょう。

 

シャンプーした後は、マラセチア菌が増殖しないようにきちんと乾かすようしましょう。

 

またホルモンバランスを整えて過剰な皮脂分泌を抑えるためにストレスを溜めないようにすることも大切です。
質の良い睡眠をとり、食事は栄養バランスの良いものを摂取するようにしてください。

 

糖質や油分の多い食事は過剰な皮脂分泌を助長してしまい、脂性のフケが出やすくなりますから、頭皮環境を良くするために、できるだけビタミンB群や亜鉛を意識して摂取するようにして、体の中から良い状態にして、頭皮環境を整えるようにしてください。

 

皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)関連ページ

頭皮のフケが発生するメカニズム
頭皮のフケが発生するメカニズム
乾燥によるフケ(乾性フケ)
乾燥によるフケ(乾性フケ)
フケの原因まとめ
フケの原因まとめ
頭皮のフケ改善方法
頭皮のフケ改善方法
フケ改善におすすめのシャンプーは?
フケ改善におすすめのシャンプーは?